葉酸を摂取した方が良い理由とは?

葉酸は、妊娠中に欠かせない栄養素として知られています。その働きは、赤ちゃんの脳や神経を作ってくれる働きがあります。

 

特に最も必要な時期は、妊娠1ヶ月から3ヶ月の時期といわれています。この時期は、赤ちゃんの成長においてもっとも細胞分裂が盛んな時期だからです。

 

この時期に、母親のお腹の中で、赤ちゃんは活発に細胞分裂を繰り返して体の神経や脳を作っています。ですから、赤ちゃんの葉酸の需要量がとても高くなります。

 

この細胞分裂が活発な時に不足すると、赤ちゃんが無脳症や神経管閉鎖障害になるリスクが高くなるといわれています。

 

ですから、健康な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中に食事で積極的に葉酸を摂取したほうが良いです。

 

葉酸が多く含まれている食品は、納豆やきな粉などの大豆製品、甘栗、海苔などの海藻類、いちごに多く含まれています。

 

ですから、食事で野菜を1品、大豆製品を1日に1回、海藻などを組み合わせると、効率的に摂取する事ができます。

 

また、食事で葉酸の効果を得る場合は注意点があります。

 

葉酸は水溶性なので、水でよく洗ってしまうと栄養が一緒に流されてしまいます。なので、食材を洗うときは、軽く汚れを落とす程度に素早く洗ったほうが良いです。

葉酸サプリには合成と天然がある!

葉酸は胎児の神経系の異常を予防する効果がある栄養素として注目が集まっています。

 

葉酸の摂取は食事で賄えるに越したことはないのですが、葉酸は水溶性なので調理中に含有量が減退したり、食品の他の栄養素の過剰摂取に繋がることも考えられるので、なかなか難しいようです。

 

そこで注目されているのが葉酸サプリです。

 

葉酸サプリは葉酸を摂取できる栄養補助食品として、ドラッグストアや赤ちゃん用品店、ネット通販などで販売されており、原料には化学合成のものと天然由来のものがあります。

 

それぞれにメリットがあるのですが、化学合成された葉酸サプリは天然由来のものと比べて生産コストが安く、低価格で販売されているため、継続して使用しやすいという特徴があります。

 

また、味や匂いもクセのないものに加工することが可能なので、気分や体調が優れない時でも飲みやすいようにできています。

 

天然由来の葉酸サプリのメリットは吸収力と安全性です。

 

原料は化学薬品を合成したものではなく、普段から口にしている野菜や魚から抽出したものなので、体がスムーズに吸収し、安全性も高いです。

 

また、サプリを摂取する際には葉酸の過剰摂取が懸念されますが、そういったリスクも低くなっています。

妊活中の私が飲んでる葉酸サプリはこちら